知りたいことはココにある!

知恵庫

通信・回線

ドコモ(docomo)料金プランをわかりやすく!iPhone・スマホ、携帯(ガラケー)の料金と割引

更新日:

スポンサーリンク



「NTTドコモ(docomo)」のスマホや携帯を利用してるけど、料金の仕組みがとてもわかりにくいですよね…。

契約のときに説明されても、プランの内容なんて難しすぎますからねぇ( ;∀;)

そこで、ドコモの料金プランについて、基本となる通信料金やパケット代、割引について調べてみたので、詳しく書いておきます。

通話料の見直しやプラン変更をご検討の方、他の携帯会社から乗り換えを考えている方の参考になると思います。

ドコモ料金の基本プラン

複数の料金プランを用意し、幅広いお客さんに対応できるようにしています。

ドコモのスマホ(スマートフォン)向けプランの中でも最もオーソドックスなのが「カケホーダイプラン」です。このプランは月額基本使用料2,700円で国内通話が24時間無料という特徴を持っています。ここにパケットパックやインターネット接続サービスなどを組み合わせていくのが一般的です。

それほど電話をしないという方には「カケホーダイライトプラン」(1,700円)がおすすめです。カケホーダイライトプランは、月額基本使用料が1,700円のプランで、5分以内の通話が無料となります。家族内通話のみが無料となるシンプルプラン(980円)も人気です。

・携帯(ガラケー)のプラン

携帯(ガラケー)の場合もカケホーダイプランやカケホーダイライトプランがあります。これらはいずれもスマホ版と同じ内容になっていますが、それぞれ500円ほど安くなっています。

ドコモの料金プランはドコモショップなど店頭でも確認できますが、ドコモのホームページでは料金プランを一覧で表示しています。実際の料金プラン変更は、店頭だけでなくMy docomoからも行えます。
 

スポンサーリンク

・携帯料金プランの仕組みは?
ドコモの携帯料金は基本プラン、インターネット接続サービス、パケットパックの3つからなります。基本プランは通話に関係する部分であり、よく電話をする方は24時間通話無料のカケホーダイがおすすめです。

ドコモではインターネット接続サービスを利用するために月額300円を支払う必要があります。それに加えて1か月に通常速度で使用できるデータ量を決め、それに応じた料金が発生する仕組みです。

「らくらくホン」の方もそれは同様ですが、インターネット接続を行わないのであれば基本プランと機種代金以外はほとんど不要となるので大幅に安くなります。

昨今では携帯電話を持ち始める年齢層が大きく下がっています。それに伴ってドコモではキッズケータイプラスという料金プランを用意しています。このプランでは12歳以下の子供が使用するという制限のもと、月額500円で通話ができるというものです。

スマートフォン(スマホ)料金プランは?

ドコモのスマートフォン料金は、まず通話に関する基本プランを決めた後に、インターネット接続に関する部分を決めていきます。ドコモではどのプランでも一律にSPモードを契約しなければスマホでインターネットを利用することが出来ません。

そのため、SPモード契約料の300円を支払うことは必須になります。そこに月々に通常速度で利用できるデータパックを選ぶことで完了となります。データパックは月々2GB、5GBなどの中から選択できます。

家にWi-Fiがあって外でスマホを使用する機会が少ないという方が2GBで充分ですが、それで使う機会がある程度多い方は5GBか、それより多いプランをお勧めします。低めのプランで契約していても後から追加することは可能です。これはiPhoneもそれ以外も同じです。

ドコモのプラン変更、最適なタイミングは?

ドコモを解約せずプランの変更をする場合には、いつ変更しても違約金はかかりません。

つまり、プランを変更するタイミンが右派いつ行っても同じ。損することは特にありません。

ただし、更新月以外のタイミングでドコモを解約(MNPで他者へ乗り換えなど)すると違約金が発生してしまうので注意しましょう。

また、2年以内で機種変更する場合、プランにより割引(サポート)がなくなり、残りの端末代金(残金)を割引なしで支払う必要があります。
 

スポンサーリンク

料金をシミュレーション(試算)してみよう!

ドコモのホームページでは料金シミュレーションが行えるので悩んでいる方はやってみると分かりやすいです。

かつてのケータイではパケット料金に応じて色々なプランが存在していましたが、スマートフォンでは使い放題が基本であり、契約した量を超えると速度制限がかかる仕組みになっています。

その他の料金プランについて
電話ん(通話)の利用について、最近の傾向としてアプリの無料通話機能を使用する方が増えています。そのためドコモでは「カケホーダイ」が基本的な料金プランなのですが、無制限の通話無料ではない代わりに、料金的に安いシンプルプランンが人気となっています。

家族間で使用するパケットを分け合える「シェアパック」も存在します。これは家族の中で極端にパケットの使用量が多い方と、少ない方がおられる場合に便利なプランです。

「ウルトラシェアパック100」では100GBという莫大な量のパケットを家族で分け合えて月額定額料は25,000円となります。これは一見非常に高額にも見えますが、5人家族で分け合えば1人あたり5,000円で20GBずつ分け合うことが可能です。1人1人がそれぞれデータパックを契約するよりも割安の価格設定になっています。

月によっての通信量にムラが出やすいタイプの方が家族の中におられる場合も、シェアパックならお得になれる可能性が高いといえます。

ウルトラシェアックには、データ量が50GBの「ウルトラシェアパック50」、データ量30GBの「ウルトラシェアパック30」があり、家族の使用状況により洗濯が可能です。

月々の料金が安くなる?!ドコモの新料金プランとは?

NTTドコモでは、利用したデータ通信量に応じて4段階の定額料金が適用される新料金プランを2018年5月よりスタートします。

家族向けの「ベーシックシェアパック」は通信量が5GBの「ステップ1」(月額6,500円)から30GBの「ステップ4」(15,000円)まで、個人向けの「ベーシックパック」は1GBの「ステップ1」(2,900円)から20GBの「ステップ4」(7,000円)まで段階的な料金体系となります。

これに、家族内通話無料の「シンプルプラン」を付けたり、「ずっとドコモ割」の割引などが併用されて料金が決まってきます。

「ずっとドコモ割」はドコモの長期契約者に対するサービスで、データパックの月額料金が割引になります。また、2年毎にdポイントが3000円プレゼントされる「更新ありがとう」の特典があります。

(まとめ)

いま主流はスマートフォンですが、NTTドコモでは「カケホーダイ&パケあえる」が基本プランとなっています。人それぞれに携帯・スマホの使い方があるように、ドコモでは様々な料金プランや割引サービスが用意されています。

詳しくは、ドコモの料金・割引ページなどで確認できますので、通信料やデータプランの利用状況に応じて選択すると毎月の通話料が節約できるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-通信・回線
-, , , , , ,

Copyright© 知恵庫 , 2018 All Rights Reserved.