知りたいことはココにある!

知恵庫

交通アクセス

えきねっと予約と早割(トクだ値)予約方法はコチラ。事前予約もOK!

更新日:





「えきねっと」は、JR東日本の新幹線や特急券などの空席照会やキップの予約申込がインターネットでできまるサービスです。えきねっとで予約すると「トクだ値」という早期割引が使えたり、さらに早い時期の予約できる「事前受付」が利用できたりと大変便利です。

こちらでは、えきねっとの予約方法やトクだ値(早期割引)の使い方、事前予約についてご説明していきます。

えきねっと早割とは?

JR東日本の「えきねっと」限定の早期割引が「えきねっとトクだ値」です。トクだ値は、東北・北海道新幹線などの料金がが、えきねっと会員限定で、列車や席数・区間限定で通常価格より割引となります。

最大で6人分なで申込み可能で、乗車日13日前の午前1時40分までの申し込むと「トクだ値」よりさらに割引率の高い「お先にトクだ値」という特別割引もあります。

スポンサーリンク

トクだ値のメリット

えきねっとの「トクだ値」は、料金が安くなるだけでなく、様々なメリットが魅力です。

1)繁忙期でも割引が使える
ゴールデンウィークやお盆休みなど大型連休や、年末年始など繁忙期には各種の割引が効かなかったりしますが、えきねっとトクだ値なら大丈夫。

通常期と同じ割引が適用されるので、帰省や旅行での出費を抑えることができます。早めに予定を立てて、えきねっとで予約をしておきましょう。

2)1回で6人分の予約が可能
トクだ値の予約は、最大で6名分まで1回で可能です。もちろん、会員以外の方のキップも予約OK。会社の同僚との出張や家族・親戚との旅行にも使えて、とても助かります。

3)さらに早期の予約「お先にトクだ値」
下記でも説明しますが、13日前までに申し込むと通常のトクだ値よりさらに割引率の大きい「お先にトクだ値」を利用できます。JRの運賃をかなり安く利用できる割引です。

4)駅レンタカーも安く利用できる
えきねっとトクだ値で予約するとJRの「駅レンタカー」も料金が安くなります。多少の条件はありますが、乗車日から3い以内まで割引適用なので、利用価値が高いサービスです。

お先にトクだ値でさらに割引!

実際に「トクだ値」でいくら運賃が安くなるでしょうか?

例えば、東北新幹線で東京から新青森間は通常料金が「17,350円」(乗車券+特急券、普通車指定席)ですが、同じキップをえきねっとのお先にトクだ値で予約すると「13,010円」と4,340円の割引となります。片道4,000円以上の値引きですから大きいですよね。

えきねっとの事前受付とは?


JRのキップ予約は1ヶ月前からの販売予約になりますが、えきねっとではさらに1週間から事前に予約を受付するシステムがあります。それが、えきねっとの「事前受付」です。

年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みなど繁忙期には割引きっぷなど即満席となってしまいますし、窓口に並ぶにも非常に混雑します。

そこで、事前受付を利用すれば繁忙期でも切符を購入できる確率がグンと高くなります。しかも、わざわざ駅の「みどりの窓口」まで行く手間や時間も節約できます。JRの切符が簡単に取れて一石二鳥ですよね



事前受付の確保は抽選

事前受付の申し込みが他のお客と競合した場合は、先着順ではなく「抽選」にとなります。システムで自動的に判別されるようです。申し込みは1度に6名分まで、同一乗車日につき4件まで申し込みできます。

座席の指定は「指定席」メニューからのお申込みの場合、事前受付最大で第3希望まで申込みが可能です(指定席メニューから応募)。

抽選の結果は販売開始日の10:00以降に、えきねっとの「事前受付の照会・取消」メニューで確認できます。事前受付のキャンセルは、乗車日1ヶ月前の発売開始日の9:54まで払戻手数料(キャンセル料)なしで取り消しできます。

えきねっと予約方法

「えきねっと」を利用する際には予め会員登録を行っておく必要があります。まず、えきねっとのホームページを訪れます。そこで「会員登録」というボタンを見つけたらクリックし、あとは必要事項を入力すればOKです。

会員登録とクレジットカードの登録

えきねっとで切符を購入する場合は、会員登録後にクレジットカードも登録する必要があります。えきねっとの会員ページにログインして、カード情報を登録します。

クレジットカードの登録まで済ませておけば、ネットで切符を購入することが出来ます。

えきねっと予約の手順

えきねっとで切符予約する手順をご説明します。

トップページから「乗換・運賃案内」を選択します。すると出発する駅、到着する駅、日時を入力する画面になります。

入力を完了し検索をかけると各経路が表示されます。この中から目的の経路を選択すればOKです。

希望の経路が決まったら「えきねっと空席照会申し込み」を押します。あとは座席の種類や場所などを案内に従って選んでいきます。最後まで操作すれば予約完了です。

えきねっとば登録料や年会費などは不要ですので、いつでもJR東日本などの切符をオンラインで予約できます。独自のポイントが貯まる仕組みもありますので、上手に利用すればますますお得になるJRのサービスです。

えきねっとで東海道新幹線の予約できますか?

「えきねっと」は全国の新幹線の指定席の予約ができますので、東海道・山陽新幹線も予約可能です。(のぞみ・こだま・ひかり)

ただし、注意しなければいけないのが、乗車券(切符)の受取可能な駅が限られていることです。

えきネットはJR東日本のシステムなので、東日本管轄の駅(みどりの窓口及び専用の自動販売機)でのみ受け取り可能です。JR東海管轄の駅では、みどりの窓口でも発行できませんので注意しましょう。

また「トクだね値」など、えきねっとの割引も効きませんので通常価格での購入となります。また、九州新幹線などJR東日本管轄外の新幹線についても同様の取り扱いとなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-交通アクセス

Copyright© 知恵庫 , 2018 All Rights Reserved.